バリューマネジメントが考える生命保険

必要保障額をカバーする

人は、誰でも人的資産と金融資産という二つの大切な資産を持っています。
人的資産というのは、その人が将来生み出すキャッシュフローの現在価値を指します。
万一、病気や事故で死亡あるいは就業不能になった場合の将来キャッシュフローの 低減リスクを算出して適切な保障でカバーすることが大切です。
年齢、性別、職業、家族構成、年収、支出、資産、負債、ライフプランを細かくヒアリングして、 その人の万一の場合の必要保障額を算出します。
定期保険、終身保険を活用して必要保障額をカバーします。
将来の相続対策と長期的なインフレに備えるのであれば変額終身保険を活用するのがいいでしょう。
バリューマネジメントは、お客様に最適なリスクマネジメントを提供します。

若いうちに検討する

保険会社の言いなりになって保険に入りすぎている人、
リスクを過小評価して生命保険に入っていない人、
あいかわらず適切な生命保険に加入している人はまだまだ少数派だと感じます。
20代のうちにしっかりとした保険に加入すると保険料が安くていいのですが、
若いときは生命保険の必要性を感じないため、年をとって必要性を感じてから加入することになりがちです。
結果的に高い保険料を負担するか、保障が足りないという状況に陥りがちです。
生命保険は、独身であっても若くて健康な時にしっかり検討するべきだと考えます。

生命保険は万能ではない

生命保険は、便利ですが万能ではありません。
保険会社の営業マンがプロフェッショナルであるとは限りません。
例えば資産形成において終身保険や年金保険などを活用することはコスト面からも流動性という観点からも非効率的であり、
投資信託を活用したほうがより効率的に資産形成が可能です。
もちろん質の高い投資信託を使うことが重要です。
お客様に対して、全てを生命保険だけで解決しようとすることは間違いであり、
預金など流動性資産と投資信託などリスク性資産との役割分担をしっかりと考え、 適切なバランスをとることが重要です。

サービス

資産運用

“Asset Management”

View more

生命保険

“Risk Management”

View more

マネークリニック

“Money Clinic”

View more