2018年の抱負

2018年1月5日

新年あけまして、おめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

さて2017年は、当社にとって大きく飛躍した1年であった。

具体的には、新規のお客様の数も預かり残高も急増し、当初目標の数字を挙げることができた。その結果、独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)として当社の存在も業界に知られるようになり、各種メディアなどからも取材依頼を受けるようになってきた。

しかし、当社の基本戦略は、あまり目立たないこと。できるだけひっそりと、隠れながら圧倒的な結果を残していきたい。

ファイナンシャルアドバイザーとしても自分と誰かと比較するものではないが、昨年は、質量ともに最も仕事に集中し、充実した1年となった。いいお客様にたくさん出会えたことが何よりうれしかった。

だからこそ今年は、より気を引き締めて取り組む必要がある。最低でも昨年の1.5倍、できれば昨年の倍以上の結果を残す必要があると考えている。そのために何をするべきか?何をやめるべきか?年末年始に熟考することができた。何よりも健康が第一だし、アドバイザーとしてのレベルアップのための継続的な勉強も必要である。

超一流のプロ野球選手のように毎年、好結果を残すことが、ファイナンシャルアドバイザーとしての目標である。今年は年男でもあるが、体力、メンタル面でも一番力を発揮できる年齢だと感じている。いい緊張感をもって2018年も素晴らしい1年になるよう頑張っていきたい。

新規および既存のお客様の長期投資をしっかりサポートすること、まずはこれに専念していきたい。そして昨年は、今一つ情報発信という面でお客様とのコミュニケーションがやや不足していたため、ブログ更新頻度を高めて、コミュニケーションの強化をはかりたい。

2018年が当社のお客様にとって素晴らしい1年となるように頭をフル回転させて行動していきたい。