Yuji Nakahama中浜 祐士
代表取締役社長

経歴

1990年 野村證券入社、3支店で証券営業を経験。
1999年 転職後、日本インベスターズ証券、みずほFG、SMBC日興証券において、
投資信託の企画分析業務、プライベートバンキング業務を中心に資産管理ビジネスの実務経験を積む。
2006年 独立。同年、株式会社バリューマネジメントを創業し、現在に至る。

私たちは「真にお客様の役に立つ資産運用サービス」を実現します。

私は1990年に証券会社に就職し、すぐにバブル崩壊、証券不祥事を経験しました。
1990年代の証券不況の現場で「自分の仕事は本当に人の役に立っているのか?」
そんな疑問を抱えて転職もしましたが、なかなか答えを見出すことはできず試行錯誤の連続でした。
その後、人生の転機となる2つの出来事がありました。
一つがイェール大学ロジャー・G・イボットソン教授の「パーソナル・ファイナンスの講義」を受ける機会を得たことです。
そこで「個人(パーソナル)資産運用の根幹となる考え方」を学びました。
二つめが、日本でも金融規制緩和の一環で、2004年に証券仲介制度(現、金融商品仲介制度)が解禁されたことです。
証券会社に属さずとも、ライセンスを取得して証券業務を行うことが可能になったのです。
私は当制度を活用することでIFAとして独立し、バリューマネジメントを創業しました。
現在は「パーソナル・ファイナンスに基づく資産運用の実践」を普及させるべく、日々邁進しております。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


Shinji Nakahama中浜 伸二
代表取締役副社長

経歴

1993年 株式会社コイケ(商社)入社後、マレーシア現地法人KOIKE(MALAYSIA)SDN.BHDに赴任。
マレーシア進出日系企業の生産、調達、物流を支援するベンチャー企業のマネジメントに携わる。
2002年 プルデンシャル生命に営業職として転職。個人および法人に最適なリスクマネジメントを提案。
2007年 独立系FPとして開業後、株式会社バリューマネジメントの共同経営者に就任し、現在に至る。

皆様の大切な資産運用は、バリューマネジメントにお任せください。

大学時代に父から『お前はサラリーマンに向いていない。』とはっきり言われたことがあります。
父の言葉が影響したかどうかはわかりませんが、私は、将来独立しようと心に決めました。
独立するためには成熟した大企業に就職するよりもこれから成長が期待できる会社で経験を積んだほうがいいと考え、
大学卒業後、社員が100人に満たない商社に就職し、すぐに海外駐在を希望しました。
おかげさまで20代前半から約10年間にわたって成長するアジア経済の最前線で働く貴重な経験に恵まれました。
帰国後、プルデンシャル生命に転職して4年が経過し、仕事も軌道に乗ってきた矢先2006年2月のことです。
35歳の時に急性リンパ性白血病と診断され、生死をさまよいました。
1年半におよぶ闘病の末、奇跡的に復活。2007年7月に人生をかけてFPとして独立し、活動を開始しました。
独立直後にリーマン・ショック、欧州債務危機、東日本大震災と次々とビジネスに逆風が吹き荒れました。
2017年現在、トランプ政権が始動して世界経済の未来は、より不透明になっており、パーソナル・ファイナンスに関する意思決定は、
これまで以上に重要性を増し、ファイナンシャルアドバイザーの役割も大きくなりました。
平均寿命が伸び続けている今、預金だけで資産を守ることは不可能です。
リスクを避けるのではなく適切なリスクをとることが大切になっています。